スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークにあるオンライン英会話

先日、インターネットで海外のオンライン英会話サイトを
検索していたら、
ニューヨークにあるオンライン英会話サイトを見つけました。

ニューヨーク周辺、いやアメリカ人なら英語を話すので、
このサイトは、英語を母国語としない方が見つけないと、
生徒が集まらないはずです。

かなり以前に、アメリカのある村の人がオンライン英会話サイト
を始めて、日本の大手商社と早朝の英会話レッスンの契約を結んだ
という話をニュースで聞いたことがあります。

このように、オンライン英会話のサイト運営者が、
英会話レッスンを必要とする日本や韓国、中国に乗り込んで、
英会話レッスンの契約を結んで、
仕事を確保できたのなら話は分かります。

ただし、アメリカのその村の人達は、
新しい仕事ができたとばかりに、
皆、英会話講師を目指したというのですから、
これでは、レッスンの質が危惧されますね。

英語を話せるから英会話講師になれるかといえば、
話はそう甘くはありません。

英会話講師には、それなりの教育資格というものが有るのです。

日本人も英会話講師を選ぶ時には、
英語教育資格を持っているかどうかを確認してから、
レッスンを受けるようにした方が良いですよ。

さて、ニューヨークのオンライン英会話サイトに話を戻しますが、
このサイトで英会話を習う人をいろいろ考えてみました。

最近、ニュースを賑わしている難民や移民なら、
英語を必要としているのは間違いないので、可能性はあります。

でも、わざわざオンライン英会話を使って英会話の勉強をするでしょうか。
パソコンだって必要になるのです。

その他に考えられるのは、
英語を母国語としない国からアメリカに駐在員として赴任して、
ネイティブとうまくコミュニケーションが取れないので、
会社が終わって家に戻った後に、
オンライン英会話のレッスンを受けている方がいるということは、
考えられるかもしれません。

考えてもはっきりした生徒像が思い浮かばず、
時間だけが過ぎていくので、考えるのをやめました。
スポンサーサイト

ネイティブとのE-メールによるコミュニケーション

海外事務所のネイティブとのコミュニケーションは、
TV会議で行えばスピーディーですが、
E-メールも多く利用しています。

なぜかというと、一番大きな理由は時差です。

日本が日中の時には、
海外事務所の社員がオフィスにいるとは限りません。

そこで、日本の執務室で退社するまでにE-メールを書いておけば、
次の日の朝に出社してパソコンを起動させれば、
海外事務所から回答が届いているという具合です。

その意味では、E―メールは、とても便利なのです。

E―メールで海外のネイティブ社員と
コミュニケーションをしていて感じるのは、
かなり省略した書き方をするということです。

例えば、今日中に何かを処理しておくように頼むと、
結果報告のE-メールは、
単にDoneの一言だけの場合があります。

言わんとすることは、分かるのですが、
あまりにも簡単な回答に驚いてしまうことがあります。

また同様な例として、
1週間後までに何かを終えるように頼むと、
返ってきた返事は、
I willの一言だけです。

当方からE-メールを出す場合は、
文章の誤解が無いように丁寧に説明し、
スペルチェックも行って、
2,3度読み直した後に送信ボタンをクリックするのにです。

でも、それで良いかと思っています。

ネイティブ社員相手の仕事の場合は、
誤解が生じてコンフュージョンを起こすことが、
一番困ることなのです。

丁寧に英文を作成すれば、
自分の勉強にもなると、
最近は割り切っています。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

年度末に向けてキャンペーンが始まった

今は学校の入試の真盛りですが、英会話スクールも年度末に向けて、いろいろな広告を始めたようです。

ここでは、オンライン英会話のキャンペーンを調べた結果をお知らせします。

調べた範囲が限られているので、他のスクールでもやっているでしょう。今から英会話の勉強のためにスクールに入ろうとしている人に、少しでも参考になればうれしいです。

今後、3月から4月にかけてキャンペーンの花盛りとなるでしょうから、比較してみるだけでも楽しいかもしれません。

産経英会話は、ボーナスチケット5枚、体験レッスン3回プレゼント。1月末までとなってます。

レアジョブは、新春キャンペーンで月会費5980円を2990円の半額に。1月末まで。

DMM英会話は、6カ月間半額キャンペーンで月額5900円を2950円の半額に。7月末まで。

ボストン倶楽部は少し趣を異にして、レッスンモニター募集をやってます。応募者には、図書券2000円相当がプレゼントされます。

しかし、月会費半額も月日が流れればもとの金額になるわけで、自分に合ったスクールを探すのが先という気もします。


gr242.jpg


ドイツで食べた昼食です。皮で包んである水ギョウザに似た食べ物は、モチモチ感があっておいしかったです。

シカゴで一番美味しい食べ物はこれだった

今日は、シカゴに仕事で出張した時のことを書きます。

時期的には、真冬だったと記憶しています。
まず、空港が広いです。なにしろ、4つもターミナルがあるので空港内を電車で移動しなければなりません。

それと、寒さが違います。肌がピリピリしてきます。こんなことを書くと、北海道の方に笑われるかもしれませんが、よくこんな寒いところにこの様にたくさんの人が住んでいるなーと思ったものです。

シカゴ市内の夜は、一人歩きは厳禁だと思いました。車の往来はあるのですが、人が市内でもだれも通っていません。ビルとビルの間から悪党(アル・カポネ?)が出てきたら本当に怖いと思いました。

さて、本題の食べ物の話に移ります。例によって、食事はまずいです。まー、ホテルでバイキングでも食べていれば無難ですが。

ただし、美味しいと思った食べ物が1つだけありました。
シカゴピザ。普通のピザは皮が薄いのですが、シカゴピザは、厚くてしっとりしているのです。ボリュームがあるので1人では食べきれませんので、2人で1個を注文してくださいね。

シカゴでも、英語には苦労しました。今は英語を習うならオンライン英会話だと思います。どのスクールが良いか迷ったら、ネイティブ講師系のランキングサイトをおススメします。


gr_2296.jpg

シカゴの写真でなくてごめんなさい。ドイツのホテルの写真です。レストランが見えますが、いつもソーゼージは用意されています。



英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

小・中学校9年間を4・3・2制に変える意味とは

現在の小・中学校は6・3制となっています。それを4・3・2制に変えるという記事がありました。その意味するところとは何でしょうか。読売新聞2013年11月8日の記事を紹介します。

「東京都品川区は2002年度に小中一貫教育を導入し、06年度からは全校の教育課程を「小1-4」「小5-中1」「中2・3」に分け、目標を設定した。

国の特例校の指定を受け、学習指導要領に縛られない先取り学習も可能だ。

5、6年生からは教育担任制とし、専門の教員らが思考力を重視した授業をする。同校(日野学園)では、5,6年生の時間を5分延ばして50分とし、6年生の3学期には、中1の数学と英語の教科書を使って教えている。

同区の教育改革の検証に携わった小川正人・放送大教授は「小5頃から心身の発達の個人差が開き、集団生活でも学習面でも対応が難しくなる。高学年は中学校のような教科担任制で、専門的に教えるのが効果的だ」と指摘する。

中学校の生活や学習になじめない「中1ギャップ」解消にも有効だという。」

記事の中では、生徒の心身の個人差を制度改革の理由に挙げていますが、先生側にも事情があるように思えます。

前にも本日記に書きましたが、政府の委員会が小・中・高12年間を4・4・4制にする検討をはじめるとのことです。

ポイントは、小学5年生から英語を教科にすることではないでしょうか。教科にするということは生徒の英語能力を評価しなければならなくなることを意味しています。

英語文法やヒアリングは、テストで試験すれば評価ができますが、スピーキング能力を評価するのは難しいと思えるのです。

現在の小学校では、1人の先生がすべての教科を教えています。英語があまり得意でない先生も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで制度を変え、小学5年生からは教科担任制にしないと英語を教科にはできないと考えたのかもしれません。

著者の述べたことは、4・4・4制検討の理由のワンノブゼムかもしれませんが、現場の先生にとっては大変な改革になるでしょう。

政府の委員会の報告書が、待ちどうしく思えます。

英語の話がでましたので、これから英会話を勉強したいと考えている方には、ネイティブ講師のオンライン英会話のランキングサイトをおススメします。


gr_2306.jpg

ドイツの田舎で見つけました。家の作りからするとお城ではないかと思います。



英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。