注意するの英語表現

最近いろいろな事件が起きてますので、道を歩いているだけでも注意が必要ですね。まして、事情も分からない海外に出張する時には、交通のルールが違ったり、空港でも分からないことが出てきますので注意が必要と思います。

と言う訳で、オンライン英会話の先生に、注意する、という言葉に関連した英単語について教えていただきました。

1.beware
気をつける、用心するという意味ですね。

Beware of pickpockets.

といったら、スリにご用心、となります。どこの国にもスリはいるものです。大切なものは、腰にバンドでくくりつけておけるバックに入れておくのが一番良さそうです。

2.careful
一番一般的な、注意する、という意味の単語ですね。中学校で習った英単語は忘れません。

3.watch out
注意しろ、気をつけろ、と叫びたくなる場面でこの watch out! が出てくることが多いとのことです。同じ感じの熟語に look out があります。周りの人に注意を促す時にこれらの、watch out, look out をぜひ使ってみようと思います。

4.pay attention
何かに注目して注意を払う、人の言う事を注意して聞く時に、この pay attention を使うとピッタリと、オンライン英会話の先生がお話してくださいました。


英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

流行すると言っても

今日は流行する、という英語表現を取り上げてみます。最初に思い浮かぶのが、あるファッションが流行するとか、風邪が流行する、とかですね。それぞれ当てはまる英単語は何になるのでしょう。

早速、オンライン英会話の先生に聞いてみましたので、以下に述べます。

1.fashion
そう、今年の服の流行はこれです、とか言う場合にこの英単語が出てきますね。服も毎年同じスタイルでは売れませんので、一生懸命に今年の服の流行はこれにすると決めて、世の中を盛り上げていく裏方演出家がいるのでしょうね。それはさておき、

These clothes are in fashion this year.

これらの服は今年流行しています、となりますね。

2. polular
日本語化して、それは今ではポピュラーです、と言ったりしますね。流行というよりも大衆に普及しているといった感じでしょう。 a polular singer と言ったら、流行歌手ということになりますね。

3.prevail
風邪が流行っている、という時にどのような英単語を使えば良いのでしょう。いろいろあると思いますが、この prevail という英単語も使えますよ。

Bad cold is prevailing.

悪性の風邪が流行ってます、という意味ですね。 prevailing という単語を使うのも良いのですが、spreadingでも同じ表現になります。 どちらかというと個人的には、spreading の方が感覚的に覚えやす気がします。

4.fad
この英単語は、オンライン英会話の先生に教えてもらいました。確かに辞書を引くと、一時的な熱中、というふうに書かれてます。 the latest fads といえば、最新流行の意味になるので、ぜひ覚えておきたいですね。


英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村



我慢するの英語表現

我慢するのって誰でも嫌ですね。でも、誰でも必要な時は我慢しなければなりません。そのような事もあり、我慢するという英単語は少なからず日常的に使うんですね。ですから、この英語表現を覚えておくこと、便利なんです。

早速、オンライン英会話の先生に英単語を教えていただきました。

1.patient
最初に頭に浮かんでくるのが、この patient ですね。

I am patient with others.

と言えば、私は他人に対して我慢強い、という意味になります。ただ、この patient、患者とか病人という意味もあるので、気を付けないといけませんね。

2.persevere
この単語は、オンライン英会話の先生に教えていただくまで知りませんでした。ラテン語でとても厳しい、すなわち severe(シビアー)というところから来ているらしいです。

I persevered with the treatment.

といえば、私は辛抱強く(我慢して)その治療を受けた、と言う意味になりますね。

3.refrain from
我慢するというよりも、遠慮するという意味ですが、オンライン英会話の先生が一緒に教えてくれました。

1 refrain from this invitation.

この招待を遠慮します、ということになります。実は、この単語、電車の中での英語放送で良く耳にするので知ってはいたんです。携帯電話のご使用はご遠慮願います、という日本語放送の後に英語が流れますが、このrefrain from を使っているので、覚えてしまいました。


英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

夢中の英語表現

皆さん、いろいろな事に夢中になりますね。6月にはサッカーのワールドカップがブラジルで開催されますので、夢中になる人も多いと思います。夢中になるという意味の英単語には、どのような単語があるのでしょう。
早速、オンライン英会話の先生に質問してみました。

He is attracted to game.

彼は、ゲームに夢中です、そう、まず attract という英単語が思い浮かびますね。

He is immersed in research.

彼は、研究に夢中になっている。もともと immerse は液体に浸すという意味がありますので、浸される、没頭する、夢中であるというこのになるのでしょう。

He is fascinated in science.

彼は、科学に夢中である。このように訳して良いのか難しいところでしょうが、 fascinate は、魅了する、うっとりさせるというもともとの意味があるますので、そのようなニュアンスを分かったうえで使ったほうが良さそうですね。

最後に、夢中という言葉を使うのが必ずしも適切ではないかもしれませんが、良く出てくる英単語なので例を書きます。

He was obsessed by hobbies.

彼は、趣味に病みつきになっている。妄想が取りついて、夢中になっている様を表すのが obsess 。 あまり、良い意味には使われませんが、中には使う人がいるので、頭の片隅に記憶しておいたほうが良さそうです。

今回も、オンライン英会話の先生には勉強させてもらいました。さすがに、ネイティブ講師です。


英語 ブログランキングへ

a href="http://english.blogmura.com/english_studyinfo/">にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

続くと言ってもいろいろある

今回は”続く”という英単語に焦点を当ててみたいと思います。以前に、入るという英単語について述べましたが、”続く”と言っても、英語では表現するのに適切な英単語があるようです。

早速、オンライン英会話の先生に話を聞いてみました。

1.continue
続くと聞いて一番最初に思いつく英単語がこの continue ですね。

I continued reading.
This hot weather may continue.

と言えば、私は読み続けた、この暑い天気は続くかもしれない、という意味になりますね。

2.keep
keep といえば、保つという意味ですから、保ちつづけると続くということにつながってきますね。

Child kept crying.
The rain kept up for two days.

子供は泣き続けた、雨は2日間降り続けた、といった感じですね。

3.proceed
この英単語は、いったん停止した後、続ける時に使う時に使うそうで、

After a pouse, he proceeded with his speech.

といえば、一休みして話を続けた、となりますね。

4.その他
続けるという意味の英単語は多く、The meeting lasted for two hours. といえば、ミーティングは2時間つづいた、The prices go on rising. は、物価は上昇し続けている、となりますね。

それと、 keep の場合と同じように、そこにとどまるという意味から、日本語に翻訳すると続けるという言葉になる英単語があります。例えば、

The weather stayed hot for a week.
I remained standing.

1週間暑い日が続いた、 私は立ち続けた、などは良い例かと思います。
オンライン英会話の先生のレクチャーを受けただけでも、いろいろ思い出したり、新たに学ぶことが多くありました。



英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

冠詞が付くと付かないでは大違い

最近、外国へ英文のE-メールを書いていて、大変な違いをしてしまいました。 little の前に a の冠詞を入れるのを忘れてしまったんです。 a が付いた場合と付かない場合では、ニュアンスがかなり異なることは分かっていたつもりなのですが、辞書を調べてみて、自分の失敗に驚きました。

オンライン英会話の先生にも聞いた話を含めて、まとめてみます。

1. litte
最初に間違いをしてしまった英単語、 little。 冠詞の a が付かない場合はこんな意味になってしまいます。

He has seen little of life.

彼は、世間をほとんど知らない人だ。そう、否定文になってしまうんですね。ところが、 a が付いた場合は、

He drank a little of the orange juice.

この文章の意味は、彼はそのオレンジジュースを少し飲んだ、と肯定的な意味になってきます。否定文と肯定文では、180度、言いたいことが違ってきてしまいます。

ちなみに、quite a little とは、ちょっとだけの意味と思っていましたが、多量の、たくさんの、の意味になるそうです。このような英単語は、本当に気を付けないといけないと思いました。

2.few
little と似た英単語に few があります。 little は量について使いますが、 few は数について使いますね。

He has few acquaintances.

little の場合と同様、彼には知人がほとんどいない、と否定文になります。冠詞の a を付けだ場合は、

He has a few acquaintances.

彼には知人が多少いる、と肯定的になります。この違いは、中学校で習っていたので分かってはいたのですが。
little の場合と同様、quite a few と言った場合は、かなりの数という意味になりますので、本当に注意しなければならないと思いました。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村



生き物になぞらえた英語表現

日本語でもそうですが、生き物が含まれるたとえがありますね。英語でもそのような表現があると思い、オンライン英会話の先生に聞いてみました。

早速、いろいろあることを教えてくれました。

1.This reputation is fishy to me.
この評判は疑わしい、という意味になるそうです。この場合、 fishy は、魚のように生臭いという意味から派生して、怪しいとか、疑わしいということに使っているのだと思います。 a fishy story は、まゆつばの話となりますね。

2.A little bird told me that you were employed by BB company.
人から聞いたんですが、BBカンパニーに就職なさったそうですね。人から聞いたことを little bird に例えているのが、とてもかわいらしくて、いいですね。

3.You are no chicken.
あなたは、もう大人ですよ!と訴えかける時に使えそうですね。chicken は、子供とか臆病者とかのたとえに使うそうです。chicken さんには申し訳ないですが、すぐ慌てふためくところや、あの歩いている姿から連想したのでしょうね。

4.I ate like a horse when I was child.
子供の頃は、大食いをしたものです、といった感じですね。しかし、イメージ的には、horse はそんなに大食いには見えませんが、どうして大食いのたとえとして、horse なのでしょうね。ちょっと、ピンとこないところがあります。

このような例を教えてくださるネイティブ講師は、とても会話が上手で、とてもおもしろいんです。オンライン英会話の方は、ぜひこのようなネイティブ講師を集めたいと言っていました。納得です。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

入れると言ってもいろいろな単語が!

日本語で何々を入れると一言でいっても、それに相当する英単語はたくさんありそうです。適切に使わないと、外国人には通じないようです。

早速、オンライン英会話の先生に聞いてみました。

1.一般に入れると言った場合には、本を箱に入れる、という場面を一番最初に思い浮かべますね。この場合、
  put books into a box.

という言い方になりますが、本を箱に入れておく、しまっておくという場合は、
  keep books in abox

になりますね。物を倉庫に入れておく、保管しておくと言いたい時は、 store goods in a warehouse という言い方ができます。
この箱にはあの本は入れられない、という時にはこんな言い方もできますよ。
This box can't hold these books.

2.部屋に風を入れましょう、というには
Please admit air to the room.

普通 admit というと、認めるとう意味を最初に思い浮かべてしまいますが、辞書を調べると確かに最初に、入れる、という意味が書いてあります。 admit というと、入れるという時に使うことが多いのでしょうか。
では、部屋に彼を入れてください、と英語表現したい場合はどのような表現があるのでしょうか。例としては、次のような言い方があります。
 let him into the room.

3.自動販売機にコインを入れると表現したい場合、
 insert a coin into a vending machine

電池を入れるの表現は、load a battery

いやはや、日本語で「入れる」という言葉は、こんなにいろいろな場面で一語で済んでしまうのですね。逆に、英語で表現しようとするといろいろな単語があるので、適切に使わないといけないことがわかりました。

オンライン英会話の先生には、本当に感謝、感謝です。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

体の調子

人間、体の調子が悪い時があるものです。そのような時になんと英語で表現すれば良いのでしょうか。

早速、オンライン英会話の先生に聞いてみました。

1.風邪を引いた時でも、ひきはじめの時がありますね。その時は、

I have s slight cold.

と、 slight を入れると、風邪気味なんです、とうまく表現できるそうです。なかなか風邪が治らない時は、

I can't shake off my cold.

の表現が良いと。

2.二日酔いになったことは、1度や2度はあると思います。その時は、

I have a hang over.

そう、hang over を覚えておけば、説明できます。そして、食欲が全然ありませんと言いたい時は、

I have no appetite.

コースの料理の時には、最初にアピタイザーが出てきます。これは、最初に食欲を出すための軽い料理ですね。
なので、それに no をつけて、食欲がないことを英語表現するということでしょう。

3.疲れている時には、通常、tired ですね。でも、へとへとになるまで疲れている時には、

I am exhausted.

となるそうです。体の調子を微妙に表現するのに、いろいろな単語があるのが分かりました。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村




外国人が日本の会社に入社

最近は、外国人が日本の会社に入社することも多くなってきました。国々によって制度が異なっていますから、いろいろ聞かれて、説明しきれないことも多々あります。

特に、海外ではサインで自己証明をする場合がほとんどですが、日本の場合は、印鑑が必要になりますね。そこで、最初に出てくるのが、印鑑を英語で何と言うかです。早速、辞書で調べて seal という単語を見つけました。

それと、日本では会社は法律により源泉徴収制度をとっています。これ、英語で withholding tax sysytem と言うそうです。12月になると年末調整がありますが、英語では Year-end tax adjustment.

さらにさらに、給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を会社に提出しますね。この用紙は、英語では Declaration of dependent's exemption for salary earners というらしいですが、こんな長い英文は覚えられませね。人事担当の人は、自分で調べれば良いものを、なんでこちらに聞いてくるのかわかりません。

それと給料をもらうと給料票が配られます。これは、pay statement となります。給料票を見ると、自分の給料から直接いろいろな税金が引かれてますね。なにしろ、日本は源泉徴収制度の国ですから。所得税、住民税に厚生年金がごそっと引かれます。

外国人と話をしていると、良く税金の話が出てくるのです。各々の税や年金に相当する英単語は、 income tax, resident tax, welfare pension なので、このくらいは頭の中に入れておくことにしています。

それと、最近話題の消費税は、consumption tax ですね。

給料や税金に関する英単語は、自分の席の近くに外国人の席があると結構覚えてしまうものです。



英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

海外から来た客に日本を説明する

海外から来た客人へは、仕事の話が終わればおもてなし、と言っても夜に居酒屋に案内するくらいですが、仕事の一環としてしなければならないことがあります。

仕事の話は、お互いにテクニカルタームはだいたいわかっているし、図面や資料を準備しているので、それなりに終わります。ここで大切なのは、議事録をきちんと残すことです。一番良いのは、申し訳ないことではあるのですが、客人に英語でMinutesを書いてもらえると助かりますね。

日本語で議事録を書いても、客人は理解できませんから、それなら英語を母国語とする客人に英文でかいてもらったほうが、良いですよね。打ち合わせた事を再確認するためにもMinutesは、大切なのです。

少し話が題名とそれてしまいましたので、本題に入ります。
夕食時は、お互いリラックスしているので、仕事の話は抜きになります。そうすると、どうしても日本の話題になってきます。

和食を例にとってみても、説明をするには大変です。
さしみは、魚の生肉となるので、人によっては食べないことがあります。そこで、メニューを見ながら食べられるかどうか聞かなければなりません。最初は、英語でなんと言うのかわかりませんでした。本当に困りましたね。家に帰って調べたところ、 sliced raw fish と分かりました。
冷や汗をかくと、もう忘れませんね。こうやって少しづつでも英単語を増やしていくしかないんですね。

回転寿司屋に入った時も大変でした。マグロは tuna 、いかは cuttle fish、くらいは知っていましたが、うには何というのか、カツオ、のりは? と次々出てきます。
これも家に帰って、一生懸命辞書を引き、各々、sea urchin, bonito, laver または sea-weed と言うのが分かりました。

本当に、料理の説明をするのは大変と思いました。しかし、一度調べたら、もう大丈夫です。やはり、ネイティブと直接話すのは、良い経験になります。
その意味では、オンライン英会話などを利用してネイティブとの会話に慣れておくことは、とても大切なことだと思います。


031u.jpg

能の舞台でしょうか。上野の森にありました。上野の森に行く機会は、少なからずあったのですが、散策してみるといままで気が付かなかった建物に出会えることがあります。このような時は、感激しますね。



英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

あきれて、怖がって、驚きました

今日は、人の感情表現についての英語です。

早速、オンライン英会話の先生から教えていただいたことについて述べます。自分の感情を表現する機会は多く、また、適切な表現は、日常的にも大切ですね。

1.呆れる
彼のすることには呆れました、という時にはどのように言えば良いのでしょうか。オンライン英会話の先生は、1つの表現として、

I was amazed at his behavior.

を挙げてくれました。amaze というと amazing で、びっくりしたという意味合いが思い浮かびますが、驚いてあきれ果てたという連想からこのような表現になるのでしょうか。

2.驚く
驚くというと日本語にもなっている surprise サプライズが思い浮かびますよね。だいたい中学校で習った単語はすぐ思い出すことができるものです。
そこで、オンライン英会話の先生は、別の表現を教えてくれました。

I was shoched to hear that.
I was astonished at the reputation.

最初の英文は、それを聞いて驚きました、それを聞いてショックを受けましたという感じですね。
2番目の英文は、その評判を聞いて驚きました、という意味です。astonish は、豆単で覚えた記憶がありますが、会話の中ではすぐに出てきません。このような言い方もあるということで、覚えておくことにしました。

3.怖い
怖い?と聞くのに何と言えば良いのでしょう。先生曰く、

Are you scared?

と聞けば良いそうです。

その他の怖いを表現する表現として、彼はヘビを怖がりません、と言いたい時は、

He has no fear of snakes.

となるとのことです。簡単そうに見えますが、会話の中で口をついて出てくるようにしておこうと、何回もつぶやきました。


030u.jpg

上野の森にあった、りっぱな statue です。昔の軍人さんですかね。説明文を読んでおけばよかったと思い、今度、訪れた時は、注意して読んでおきます。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

日本語化されて間違いやすい英単語

今、私達が話している日本語の中には、英語を日本語化している単語がたくさんありますね。でも、英語を話す時には、時としてその日本語化された英語が妨げになるときがあります。

早速、オンライン英会話の先生に聞いたことをお話しします。

1.ガソリンスタンド
日本にはガソリンスタンドが至る所にありますね。最近は、車の燃費が良くなったのが原因しているのか、人口の高齢化で車を運転する人が減ってきているのが原因しているのか良く分かりませんが、ガソリンの需要が減ってきて、潰れたガソリンスタンドも見かけます。

さて、日本ではガソリンスタンドと言いますが、アメリカでは何と言っているのでしょう。

There is gas station on the left side of street.

道路の左側に gas station がありますよ、ですね。そう、本来、英語では、gas station なんですね。ガソリンスタンドは和製英語という訳です。

2.コンセント
このコンセントも日常会話で良く使います。でも、英語では、

How many outlets are there in his room?

そう、コンセントは、英語では outlet なんですね。では、コンセントという言い方は、どこからきたのでしょうか。これは、宿題としておきます。

3.ボールペン
皆さん、ボールペンを良く使っていると思います。でも、この言葉も本来の英語を変形させて使ってしまっているようです。では、英語では、どう言うかといわれれば、

Do you have a boll-point pen?

なんと、日本では point を省略してしまってるのですね。外国人にボールペンといったら、何となく理解してもらえるでしょうか。今度、試してみます。


027u.jpg

なんと奇抜な美術品。これが芸術かと思わずうめいてしまいそうです。でも、見る人が見ると価値が分かるのでしょう。上野の美術館の広場に置いてありました。



英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ