スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学入試科目に英語

そろそろ私立中学校の入試が始まる時期になってきました。

聞いたところによると、東京などの私立中学校の入試科目に英語が含まれるケースが多くなってきているそうです。小学校では確かに英語に慣れ親しむ活動が行われてきていますが、いよいよ入試科目に英語が含まれる時代になってきたのですね。

今年から、英語を試験科目に導入する中学校も多いそうです。

もちろん、今のところ英語は試験の選択科目ですが、帰国子女や英会話スクールで英会話を勉強してきた小学生にとっては有り難い話かもしれません。

ただし、英検3級から準2級のレベルの問題が出る中学校があるそうですから、小学生にとっては難問かもしれませんね。

当方も、会社で英語の苦労をしていますが、家庭でも子供の英語の勉強に関心を持ち始めています。やはり、大人になってから英語で苦労しないように、がんばって欲しいと思うからです。

先日、オンライン英会話の先生が話をしていましたが、最近は帰国子女を含めて子供がオンライン英会話を受けるようになってきているようです。

当方も、会社で英会話の研修を受けさせてもらっています。パソコンで社員研修ランキングのサイトを見ていたら、英語研修のサイトが結構ありました。

興味のある方は、ぜひ検索してみてください。



英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

英会話の最近の勉強

最近は、オンライン英会話(スカイプ英会話、Skype英会話と呼ぶ方もいるようです。)での英会話学習が多くなりました。

新しい事業部に移る前は、街にある英会話スクールに通学しては止める、を繰り返していました。だから、あまり上達しなかったのでしょう。

オンライン英会話であれば、自宅でできるし、会社に居ても勤務時間外の帰社前に勉強できるので、便利に感じています。この便利感が、意外と英会話の勉強を長続きできている秘訣なのです。

オンライン英会話を続けていると、うまく行かないことも出てきます。いままで経験したことを例に挙げてみましょう。

まず、レッスンを受ける講師を決めて、レッスン時間を予約します。人気の講師ですと都合の良い時間に予約できない場合がありますので、2日前くらいには予約を入れるようにしています。

いざレッスンとなって、5分位前になってSkypeを立ち上げて、講師のコーリングを待ちます。ところが、講師からのコーリングが、いつまで経っても来ないのです。

そこで、業を煮やして、こちらから講師をコーリングしてみます。それでも反応が全くないのです。予定の時間から15分過ぎても、コンタクトできない場合はあきらめて、Skypeをサインオウトしてしまいます。

後になって、講師とオンライン英会話サイトからお詫びのメールが来ることがあります。家族が風邪をひき、病院に連れて行ってたので連絡が取れず、ごめんなさい、というのが結構あります。

それと、アメリカやイギリス、カナダ在住のネイティブ講師の場合は、日本との時間差を間違えたという場合があります。特に、夏時間と冬時間がある場合には、時間が変わった日に1時間ずれますから、講師が1時間間違ってコーリングしてしまったという例もありました。

オンライン英会話をする場合は、講師と生徒の両方がレッスン開始時間を間違えないようにすることが、とても大切と思います。



英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。