標識にご注意

アメリカに出張してきました。空港に着いたらレンタカーを借りて、慣れないアメリカでの運転までしてきてしまいました。

街を歩いていると、いろいろな標識があります。日本の鉄道駅での標識には、いたれりつくせりで、日本語以外にも英語、中国語、韓国語が書いてあります。アメリカでは、空港以外では、あまり日本語が書いてある標識は見られません。

やはり、英語をきちんと理解してないと生活していけないと思いました。よく日本語で言うところの、立ち入り禁止、にも種々の表現があるのに気づかされます。

一番多かったのは、芝生のところに建てられてある「KEEP OUT」の標識。その他にも「OFF LIMITS]とか「NO TRESPASSING」、さらには、「NO ADMITTANCE」とか良くいろいろな言い方があるものだとおもってしまいました。それぞれの標識には、それぞれのニュアンスがあるのでしょうが、そこまではわかりませんでした。あとで、オンライン英会話のネイティブ講師に聞いてみようと思います。

映画館に入ったら、「COMING SOON」。これは、意味が分かりました。日本語で言うところの近日上映ですかね。更に進むと「NOW SHOWING」。これも理解できました。上映中との点灯ですね。

これぐらいなら理解できるのですが、バスに乗ろうとしたら「EXACT FARE ONLY」と書いてあります。このEXACTの意味が今ひとつピンとこなくて、困ってしまいました。後で聞いたら、つり銭のないように、という意味とのことでした。

なんでも体験して、徐々に覚えていくしかないですね。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ