工業英語検定の資格を取れ

設計部門の新人と中堅社員に、
工業英語検定の資格を取れとの社命が発令されました。

工業英語検定は、4級から1級まであって、
どの級に合格するかによって社員の英語レベルが、
明確になります。

これは、ある意味、きついですね。

将来の昇進にも影響が出てくるのではないかと、
心配している中堅もいます。

あながち、外れているとは言えないでしょう。

工業英語は、科学技術関連の英語テストで、
エンジニアにとっては取扱説明書や発注仕様書を、
英文で作成する場合などがありますので、
勉強すれば自分の英語力がアップするのは
間違いないでしょう。

試験は、英文和訳と和文英訳、
それに1級の場合はリスニングテストがつきます。

設計部門の社員は、早速、解説本を買ってきて、
カバンの中に入れてあります。

きっと、通勤電車の中ででも読んでいるのでしょう。

海外事業部門にいる社員には、
まだ、それに類した社命が出ていませんが、
その内、同じような英語検定の試験を受けるようにとの
社命がでるのではないかと密かに思っています。

海外事業部門の場合は、
クライアントとの打合せがあるので、
英会話のスピーキングを含めたテストが
課せられるのではないかと思います。

こちらは、英会話で苦労しているので、
望むところですが、
ビジネスのためのオンライン英会話のレッスンにも
熱が入るというものです。

現在、社内の英語研修をネイティブ講師のいる
オンライン英会話を利用して試験的に実施しているので、
将来の英語検定試験実施の布石なのかもしれません。



英語 ブログランキングへ


にほんブログ村
スポンサーサイト

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ