スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学入試の英語試験の大改革

会社から帰宅したら、中学生の息子がいきなりやって来ました。
何でも、2020年から大学入試の英語の試験が、
リーディング、ライティング、リスニングを中心とした
マークシート方式から、スピーキングの試験も加える事に
なったというのだ。

民間の英語検定試験結果を、成績に反映するそうです。

2023年までは、マークシート方式と民間で行う英語検定試験を
併用するそうです。


話を聞いた途端に、これで幼稚園から高校に至る日本の英語教育は、
一変するだろうと思いました。
子供達の教育は、大学入試を最終目的にしているのが実情なので、
その内容が変われば、全てが変わるようにできているのです。

世間の親も、大学入試には敏感です。
皆さん、多少無理をしても、
英会話を習わせるようになるのではないでしょうか。

学習塾でも、ネイティブの講師を雇って、
英語のスピーキングの講座を設けるのでしょうか。
でも、スピーキングの場合は、一人一人のスピーキングを
先生が聞くとなると、結構大変ですね。

息子が、
「お父さん、どうしたら良いと思う?」と早速聞いてきました。
こちらは、オンライン英会話でネイティブの先生に、
英会話を習っている身なので、スピーキングを練習するなら、
オンライン英会話が良いのではないかと勧めておきました。

費用的には月1万円はかからないので、何とかなるでしょう。

日本在住のネイティブ講師の場合、英検の内容を良く知っていて、
対策も教えてくれるでしょう。

しかし、今年大学入試に臨んだ高校生は、
50万人くらい居たと思うので、
その全員のスピーキング力を一人一人評価するとなると、
試験官の数を確保するのも大変ですね。

学校の先生方も、
自分自身が英会話の勉強をしなければならないし、
生徒のスピーキングの指導もしなければならない立場にあります。

海外取引に関係している民間企業にとっては、
朗報でしょう。

英語のできる優秀な学生は、しっかり確保したいですからね。
当方のような苦労をしなくても済むように、
若い時期にしっかり英会話の勉強をしておいてもらうと、
助かります。本当に。
スポンサーサイト

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。