スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話テキストの電子書籍化を急ぐべし!

オンライン英会話

本の電子書籍化の話題が新聞ニュース欄を賑わしてから、
もう何年経つでしょうか。

私は、英会話を勉強しているので、
特に英会話テキストの電子書籍化について、
継続して注視してきました。

しかしながら残念なことに、
英会話テキストの電子書籍化を見ていると、
遅遅として進んでいないように見受けられます。

せいぜい、NHKの英会話テキストと英語検定試験の
IELTSの参考書が電子書籍化されているくらいでしょうか。

本の電子書籍化は、価格の低下をもたらし、
軽くて持ち運びに便利なタブレットがあれば、
どこでも気軽に読めるのです。

特に、英会話テキストが電子書籍化されると、
オンライン英会話でのレッスンがスムーズに進みます。

スカイプの画面共有機能を利用して、
受講生と英会話講師が同じ画面を見ながら、
レッスンができるようになるからです。

オンライン英会話の受講生は、待ち遠しくしているのですが、
一向に電子書籍化されないのは何故なのでしょう。

書籍なんとか協会が、業界の収益構造が崩れることを嫌って、
電子化の時期を引き伸ばししているのでしょうか。

書籍業界は、自ら率先して本の電子書籍化を
推進すべきではないでしょうか。

さもないと、
書籍業界全体が逆に縮小してしまうのを危惧します。

IT化の時代に電子書籍の大きな流れを止められないし、
本を電子書籍化したことによって、
新しいビジネスチャンスが必ず出てくると思います。

日本を含めた世界の書籍、出版業界の奮起を、
期待しています。
スポンサーサイト

本丸の大学入試の大改革

今迄、小学校の英語の科目化や中学校、高校での英語の授業は、
英語で行うなどの改革が、文部科学省で行われてきました。

ところが文部科学省は、本丸の大学入試の大改革に、
乗り出しました。

大学入試の英語科目に、民間の英語検定試験の成績を加味する
と言うのです。

今迄の入試のマークシート方式では、
英語のリーディングとリスニングの試験だけでした。

英検やTOEFL-iBTなどのテストでは、
それらにライティングとスピーキングのテストが、
加わります。

国立大学協会の理事会では、
2020年度の大学入試から導入すべき
との結論になった様です。

大学入試が変われば、
日本の小、中、高校の英語教育は、一変するでしょう。

なにしろ、日本の教育は、
大学入試を頂点とするピラミッド構造になっていますから。

お隣の家の長男さんは、
来年の3月に中学校を卒業して高校に進学するそうで、
丁度、新しい入試制度の下での受験になります。

親の関心度が非常に高く、
3人集まるとその話題になると、家内が言っていました。

ここは、多少の出費をしても、
英会話スクールに通わせる覚悟でしょうか。

家内には、英会話を習うなら、オンライン英会話が良いよ、
と情報を流しておきました。

学習塾に通わせて、更に英会話を習わせるとなると、
格安のオンライン英会話のほうが良いと思ったからです。

それでいて、街の英会話スクールと比較しても、
レッスンの質は同等レベルなのですから。

このような教育を受けた新入社員が、
会社に入ってくるのは、私が退職する頃でしょうか。

海外事業部で、英語に苦労してきた我が身を思えば、
この大学入試改革は、納得です。

それにしても、文部科学省の本気度が分かる、
大改革ですね。


英語ランキング


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。