FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語化されて間違いやすい英単語

今、私達が話している日本語の中には、英語を日本語化している単語がたくさんありますね。でも、英語を話す時には、時としてその日本語化された英語が妨げになるときがあります。

早速、オンライン英会話の先生に聞いたことをお話しします。

1.ガソリンスタンド
日本にはガソリンスタンドが至る所にありますね。最近は、車の燃費が良くなったのが原因しているのか、人口の高齢化で車を運転する人が減ってきているのが原因しているのか良く分かりませんが、ガソリンの需要が減ってきて、潰れたガソリンスタンドも見かけます。

さて、日本ではガソリンスタンドと言いますが、アメリカでは何と言っているのでしょう。

There is gas station on the left side of street.

道路の左側に gas station がありますよ、ですね。そう、本来、英語では、gas station なんですね。ガソリンスタンドは和製英語という訳です。

2.コンセント
このコンセントも日常会話で良く使います。でも、英語では、

How many outlets are there in his room?

そう、コンセントは、英語では outlet なんですね。では、コンセントという言い方は、どこからきたのでしょうか。これは、宿題としておきます。

3.ボールペン
皆さん、ボールペンを良く使っていると思います。でも、この言葉も本来の英語を変形させて使ってしまっているようです。では、英語では、どう言うかといわれれば、

Do you have a boll-point pen?

なんと、日本では point を省略してしまってるのですね。外国人にボールペンといったら、何となく理解してもらえるでしょうか。今度、試してみます。


027u.jpg

なんと奇抜な美術品。これが芸術かと思わずうめいてしまいそうです。でも、見る人が見ると価値が分かるのでしょう。上野の美術館の広場に置いてありました。



英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。