FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冠詞が付くと付かないでは大違い

最近、外国へ英文のE-メールを書いていて、大変な違いをしてしまいました。 little の前に a の冠詞を入れるのを忘れてしまったんです。 a が付いた場合と付かない場合では、ニュアンスがかなり異なることは分かっていたつもりなのですが、辞書を調べてみて、自分の失敗に驚きました。

オンライン英会話の先生にも聞いた話を含めて、まとめてみます。

1. litte
最初に間違いをしてしまった英単語、 little。 冠詞の a が付かない場合はこんな意味になってしまいます。

He has seen little of life.

彼は、世間をほとんど知らない人だ。そう、否定文になってしまうんですね。ところが、 a が付いた場合は、

He drank a little of the orange juice.

この文章の意味は、彼はそのオレンジジュースを少し飲んだ、と肯定的な意味になってきます。否定文と肯定文では、180度、言いたいことが違ってきてしまいます。

ちなみに、quite a little とは、ちょっとだけの意味と思っていましたが、多量の、たくさんの、の意味になるそうです。このような英単語は、本当に気を付けないといけないと思いました。

2.few
little と似た英単語に few があります。 little は量について使いますが、 few は数について使いますね。

He has few acquaintances.

little の場合と同様、彼には知人がほとんどいない、と否定文になります。冠詞の a を付けだ場合は、

He has a few acquaintances.

彼には知人が多少いる、と肯定的になります。この違いは、中学校で習っていたので分かってはいたのですが。
little の場合と同様、quite a few と言った場合は、かなりの数という意味になりますので、本当に注意しなければならないと思いました。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。