FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小中学校で英語のみの英語授業が始まった

いや、驚きました。もう現実に小中学校で、英語の授業を英語だけで始めたそうです。

読売新聞の6月7日付けの記事によると、以下のようなことが書いてありました。
茨城県の水戸市立国田小中学校で、オールイングリッシュ、即ち、英語の授業を英語だけで始めたそうです。水戸市の教育委員会が、外国人と積極的にコミュニケーションを図れることを慣れさせようと、今年から始めたそうです。

来年度中には、49の市立小学校で実施を目指すとのことです。これまでは、英語の授業は、担任の日本人先生とALTと呼ばれる外国人のアシスタントの先生が組んで行ってきましたね。ところが、もう、日本人先生は抜きにして、外国人の先生だけによる英語の授業をするというのです。

茨城県でこのような動きがあるのですから、他の県でも同じような授業を検討し、あるいは実施し始めているのでしょうね。国の教育検討委員会が、中学生の英語の授業を全て英語で行うことを検討しているということは、ニュースで知っていましたが、現実は、どんどん先に進んでいるのです。

こうなってくると、実りのある英語授業にするためには、外国人の先生の力量が問題になってくると思います。子供たちが授業を終わった後で、1つでも良いから得るものがあるように、授業を進めてもらいたいですね。なにがなんだかわからなかったでは、折角の試みがうまく進まない可能性があります。

教育委員会、日本人先生、外国人先生が一体となって、良い授業となるように取り組んでいただきたいと思います。

004m.jpg

昔は、灯篭を灯して、参道を明るくしたのでしょうね。そのなごりを引き継いでいるのでしょう。神社の雰囲気を醸し出すのにもやくだっていると思います。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。