FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を回転させるのか

英単語に turn というボキャブラリーがあります。日本語でも、ターンする、と言ったら意味がわかるくらい馴染みの単語です。ところが、どうやらいろいろな意味に使うそうです。最近、英語を勉強し直してみて感じるのですが、やさしい英単語ほどいろいろな意味があり、奥深いものだと思うようになりました。

オンライン英会話のネイティブ先生に早速聞いてみました。

The earth turns around from west to east.

まさに回転するの意味で使われていますね。そう、地球は西から東へ回転する、となりますね。ところが、熟語になると、こんなふうにも使えるそうです。

The news turned out to be true.

そのニュースは結局本当だった、となるんですね。考えるに、回転してひっくりかえって、本当であることが分かったということでこの turn が使えるのだと勝手に納得しているのです。

The rain turned to sleet.

雨はみぞれに変わった。変わると言ったらすぐ change が思い浮かびますが、 turn も変わるという意味で使えるのですね。
オンライン英会話のネイティブ先生によれば、他にも多くの使い方があるそうですが、25分のレッスン時間では短いので、この程度でレッスンは終わってしまいました。
今度から、50分の英会話レッスンにして、もっと勉強しようかな。

007m.jpg

神社を囲む塀。日本の家は皆、塀に囲まれていますね。その典型がここにあるような気がしました。目隠し、あるいは囲まれた空間を作り出すために塀があるのでしょうか。欧米の家には、この塀のコンセプトはありませんね。実に開放的です。これが文化の違いということなのでしょうか。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。