スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群れをなす

サッカーW杯ブラジル大会もいよいよ大詰めを迎えています。大会が始まる前は、多くのブラジル人がデモをして生活の安定を訴えていましたね。サッカーの競技会場や施設を造るのにあまりに多額の費用がかかるので、それだけの費用が捻出できるなら生活改善に向けて欲しいとの要求でした。

街では、人の群れがいたるところに見られました。ところで、人の群れは英語で言うと、 a crowd of people ですね。いろいろな群れがありますが、何というのか疑問が湧いてきました。

そこで、早速、オンライン英会話の先生に群れの言い方を聞いてみました。

a flock of birds

鳥の群れはよく見かけますので、まず最初に聞いてみました。 flock という英単語を使うのですね。鳩の群れがよく大空を飛んでいるの見かけます。鳩好きな人がご近所にいるのです。それと、カモとか白鳥の群れをいうときには、この flock を使うのでしょう。

a herd of cows

牛の群れは、日本ではあまり見かけません。西部劇でカウボーイと一緒に群がっている牛とか、アフリカ大陸で牛の親戚が大陸移動をしている様子をテレビで見るくらいですか。英単語としては、herd を使うそうです。

a school of fish

魚の群れはなんと school を使うんですね。学校とは別の英単語です。さすがに本当かと辞書を引いてしまいました。
確かに、魚やクジラの群れをいう時にこの school を使うと書いてありました。

今日も、勉強させてもらいました。オンライン英会話のネイティブ講師は、いつもいろいろな知識を披露してくれます。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。