スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習すると言っても

昨晩は会社で上司の栄転があり、歓送会がありました。1次会では、上司への激励と上司からのお礼の言葉があるというお馴染みの行事が進んでいきます。当然お酒が出ますが、お酒は好きなので歓迎です。

問題は、次の2次会です。1次会で話は大体出尽くしていますから、カラオケとなる訳です。このカラオケ。好きな人は真っ先に手を挙げて歌い初めます。当方は大の苦手で順番が回ってくると、いつも一曲でよいから練習しておくんだったと反省することになります。

前置きが長くなりましたが、今回はこの練習と言う言葉について、オンライン英会話の先生から話を伺いました。

exercise

良く出てくる英単語ですね。でもこの exercise, カラオケでいえばうまく歌える人がさらに磨きをかけるために練習する、習得した技能についての組織的な練習をする時に使うそうです。

practice

practice の場合は、カラオケが苦手な人がうまくなろうと思って何回も練習する様な時に使うことになります。技能を習得するために規則的に繰り返す練習をする場合にはこの practice を使うのが適切とのことです。
当方の場合は、カラオケを practice しなければならない訳です。

drill

先生などの指導者が生徒達に対して規則的に練習を行わせる時にはこの drill がピッタリです。小学校の練習問題はドリルと言いますからね。

このように練習すると言っても、いろいろありますね。カラオケの練習も practice ではなくて、早く exercise の域に達したいものです。

でも、カラオケが嫌いな人は一曲だけでいいんです。順番が回ってきて何も歌わないというのは白けた雰囲気になってしまいますので、その1曲を practice しましょう。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。