スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の難関はリスニング

先日、久しぶりに海外からお客さんが来社しての、
2日に亘るミーティングを行いました。

お客さんは3名、社内スタッフは5名で、
エンジニアリング的な技術的内容の打ち合わせでした。

当方は、エンジニアリングの担当ではないので、
お客さんの世話係として参加しました。

お客さんの早口英語には、まいってしまいました。
もう少し日本人相手であることを考慮してくれても、
良いのではないかとつくづく思いました。

そして、英語の最難関は、やはりリスニングだな、
と実感しました。

リエゾン、リダクションがあるので、
どうしても理解できない部分が残ってしまうのです。

社内の担当者も専門用語は分かっているので、
理解はしていると思うのですが、
英語のやり取りで、どこまで正確に問題をクリアに
できたでしょうか。

ランチタイムになって、社内のお客用食堂で、
皆さん一緒に昼食をとりました。

少し脱線しますが、外国の人は、
これは絶対食べないという食材があるので、
そこだけはいつも気を付けています。

事前に聞いておいて、
コックさんに連絡しておきます。

これ、私の仕事です。

ランチの時は、笑いも出て和やかな雰囲気になるので、
英語のスピーキングの速さもゆっくりとなります。

打ち合わせの時も、このくらいのスピードで、
話してくれるとありがたいのにと思ってしまいます。

打ち合わせ後、ミニッツを社内担当者が纏めましたが、
どのくらい正確に書けたことやら。

翌日の朝、お客に配ったのですが、
結構訂正を求められました。

そこで、2日目の議事録はお客さんに書いてもらう
ことにしました。

夕方には、最終確認をしてミーティングを
ラップアップしなければならなかったからです。

そしたら、お客さんは快く引き受けてくれて、
お客さんのほうが、よほど慣れていました。

合意ができたら、ノートパソコンにどんどん結果を、
記録していって、最後のまとめの時には、
そのミニッツをスクリーンに写して再確認し、
お開きとなりました。

当社には、メールで担当者にミニッツを送って、
全て終了と言う手際の良さです。

今回の打ち合わせでの反省点は、
リスニングでした。

ネイティブは、ネイティブに話すのと同じスピードで
話すので、ついていくのが難しいのです。

これはもう、トレーニングしかないと思います。

オンライン英会話のネイティブの先生のレッスンは、
受けてはいるのですが、
ナチュラルスピードの会話を行った後で、
分からなかった部分は聞き返して、
リスニングのトレーニングを繰り返していこうと、
考えています。


英語ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。