FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大英帝国の遺産

英語は、世界の共通語と言われるけど、
どうしてそうなったのだろうという疑問が、
湧いてきました。

世界史を学生の頃勉強したのだから、
そのような事くらい分かるだろうと、
おっしゃるかもしれませんが、
世界史は、受験のための単なる暗記科目でした。

そこで、改めてなぜ英語が世界の共通語かという視点から、
調べてみました。

今は、スマートフィンさえあれば、何でも調べられるので、
便利です。

その結果、キーワードは、大英帝国でした。

イギリスやスペイン、オランダ、ポルトガルなどの
ヨーロッパの国々は、
大航海できる造船技術と航海術を持っていました。

そして、イギリスでは、産業革命が起こりました。

航海により、大陸を発見し、移民を始めた訳です。
アメリカ大陸、オーストラリア、ニュージーランド、
などです。

これらの国々は、後に独立して、国家を作りましたね。

アジアでは、東インド会社を設立しました。

確かに、世界で東インド会社と言う名前は、
覚えさせられましたが(単に受験のために)、
どの様な重要性を持っていたかなどは、
全く知りませんでした。

本当は、世界史を学ぶ大切さは、
その存在理由を知ることのはずなのですが、
学生時代にそのような時間はなかったというのが、
本当のところです。

いずれにしても、アジアの地域も植民地化
されていきました。

中国の香港が、イギリスから中国に返還されたのは、
ほんの数十年前でしたよね。

かつて、世界の多くの国を支配していたのは、
大英帝国だった。

だから、現在でも世界で英語を公用語として話す国が、
多く存在すると理解しました。

そのような事は、学生時代に勉強したではないか、
と言われると恥ずかしい限りですね。

でも、ある1つの疑問から、
世界史を眺めてみると、また新しい発見があって、
面白くなってきます。

ギリシャやベネチアの興亡、
そしてローマ帝国の物語あたりは、
塩野七生の著書が、面白かったですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

火の飛鳥

Author:火の飛鳥
40代の会社員です。海外事業部に転籍になり、英会話を勉強中です。
最近の子供達の英語教育にも興味があり、意見を述べます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
リンク
おススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。